アヤトピアの夢は夜ひらく

「アヤトピアの夢は夜ひらく」
アヤトピアのアヤさんと、おんつぁげすシンガーソングライター高畑ひらくさんが、みなさんの人生相談にお答えするコーナーです。
第5回は、東京都にお住いの女性からのご相談です。

 

質問 アヤトピアさん、高畑ひらくさん、はじめまして。
偶然目にしたこちらの人生相談が面白くって、質問してみたくなりました。

私は、もう何年も彼氏がいません。
出会いはあるのですが、いいなーと思う人と仲良くなって、もう付き合ってるって言ってもいいんじゃないかなーなんて頃に差し掛かってくると、いつも相手に彼女がいたり、妻帯者であることがわかったりするんです。

都合が悪くなると、色々理由を付けられて会えなくなって、私、浮気相手だったんだって知って、ショックというか、遊ばれていたことが悔しくて、塞ぎ込んでしまって、立ち直るまで時間がかかってしまうんです。

一度や二度の話じゃないから、きっと、男の人から見たら私って、愛人にしたくなるタイプなんだろなーなんて、自分でも笑ってしまうんですけど、最近、また好きになった人から付き合っている人がいると知らされて、もう辛くって。

アヤトピアさん、高畑さんは、どう思われますか?私にはもう普通の恋なんて無理なのでしょうか。何かアドバイスをください。よろしくお願いします。

(東京都 マリー)

 

ひらく マリーさん、「もう恋なんてしないなんて〜言わないよ絶対〜♫」と槇原敬之さんの曲を歌ってほしい(笑)
俺はすごく単純な解決策をすぐに思い付いっちまうげっちょも、これから好きになっていけそうだな?って思った人にはまず1番最初に、「あの○○さんて結婚してるんですか?彼女居るんですか?」って質問することから始まると思う。相手側から声を掛けてこられた場合でも、付き合いが始まる前にちょっと待ってと確認するべきだと思うげっちょも。そこをうやむやにしたまま付き合い出さなければ良いと思う。俺も大概その質問からスタートするようにしてます。そしてその質問の時点で、その人にお相手が居て、ほのかな恋心が撃沈、終了する事もかなりあっけっちょね(笑)

 

アヤ マリーさん、こんばんは!
マリーさんの相談内容、身につまされました。あり得ないんだけど「この相談、私が自分宛に書いたんじゃないの?!」って思っちゃいました(笑)。

おそらく(私も含め)マリーさんのような恋愛傾向の女性は……育った家庭環境だったり、さまざまな要因が複雑に絡んでいると思われます。たぶん脳の回路が麻薬中毒者の「それ」のように「そう」なってしまっているのです!嘘みたいに繰り返しやらかしてしまう!難しい迷宮(ラビリンス)に迷い込んでしまう!誠実なsingle紳士に巡り会えたら奇跡だと思いますが、私の場合、いかんせん脳の回路がusualなsingle紳士にトキメけない作りになっているらしく、unusualな殿方を無意識にcatchしてしまう哀しさあるある、です。ただ、ある時から自分の考え方や行動の癖に気づいて冷静に自己分析するようになり、ちょっとずつですが、変わってきていると思います。最近ようやく人にワガママを言えるようになったし、男性に普通に大事にされたいと思うようにもなりました。

マリーさん、これから素敵な人に巡り会えるといいですね。
もちろん、今の意中の彼が魅力的であれば「好き」という素直な気持ちを大切にしてほしいなとも思います。マリーさん、がんばって……。祈・恋愛成就☆

 

アヤトピア
日常のささいな思いをぼそぼそっと歌にする、背徳の四畳半フォークシンガー。2011年、モダンフォークトリオ「ミディアムトレンチ」の「最中小豆」として作詞・作曲、ヴォーカルを担当するが2013年に活動休止。その後、ソロユニット「アヤトピア」名義でギター、ウクレレ弾き語りのライブ活動を始める。ハワイと台湾と雪山と珊瑚礁が好き。
http://ayatopia.blue

高畑ひらく
福島県喜多方市出身
理系会津弁下ネタ族J-POLK(=日本語POPS+FOLK、もしくは国産豚)
誰も歌わないことを歌にする おんつぁげすシンガーソングライター
ライブ出演情報
5月5日(土・祝)
きたかた春の歩行者天国
「音魂コンサート」
場所:喜多方市ふれあい通り
べるはぁと前会場
時間:9:30〜17:00
料金:観覧無料!
高畑ひらくソロにて出演
アコースティック音楽からバンド演奏、だけでなくダンスチームも参加する丸一日楽しめるイベントです!
5月13日(日)
バンドキャラバン #2
場所:會津稽古堂ホール
時間:13:00〜21:00
料金:前売り500円(当日800円)小学生以下無料
高畑ひらくソロにて出演
アコースティックからJAZZ、FUNK、ROCKなどジャンルを超えたバンド演奏、総勢15組出演!大竹涼華ちゃんも出演します!

コメントを残す